blog

2013年1月24日 木曜日

薄毛に朗報

髪の毛やひげなどは皮膚の中の「毛包」と呼ばれる器官から生えてきますが、
毛包の数には限りがあるため、移植して薄毛や脱毛の治療に使うには限界があります。

ヒトのiPS細胞に特定のたんぱく質などを加え、毛包の一部になる直前の細胞に変化させました。

そして、この細胞を生まれてまもないマウスの皮膚の細胞と一緒に培養し、拒絶反応をなくした別のマウスに移植したところ、2週間から3週間で毛包を作り出すことに成功したということです。
研究グループでは、出来た毛包の一部は、遺伝子の特徴からヒトのiPS細胞が変化したものだとしています。
iPS細胞は無限に増やせるため、薄毛や脱毛の治療に応用できる可能性があると期待されていますが、今のところ、
ヒトの細胞だけで毛包が出来る見通しは立っていないということです。
iPS細胞からヒトの髪の毛が出来る可能性を示すことができた。

一部にマウスの細胞を使う必要があるなど課題は多いが、脱毛の治療への応用をめざし研究を進める。

何年後になるのか10~15年後にはお金さえあれば

ハゲにならない時代は確実にきますね

早く開発して欲しいですね

それまでは予防に励(ハゲ)みましょう!





投稿者 Rr.

アクセス


大きな地図で見る
150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-14-4 802

詳しくはこちら
<
2017年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
が定休日です。
が加藤隆一の名古屋店勤務日です。
2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
が定休日です。
が加藤隆一の名古屋店勤務日です。
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
google-site-verification: google4dba4621221c2f5d.html
google-site-verification: google4dba4621221c2f5d.html